結節性痒疹

結節性痒疹とは

 結節性痒疹とは、強い痒みを伴う丘疹・結節を多数生じる状態を云います。痒みが非常に強いため掻爬すると傷をつくり、その後にますます結節が硬くなったり増えたりします。
 基本的には孤立性のしこりのことが多く、正常皮膚を残すことが特徴ですが、アトピー性皮膚炎などで苔癬化が酷くなった皮膚をステロイド外用剤をちゃんと使って治していくと、結果として小結節が残ってしまう場合もあります。

 割と幼少期の方から、成人・高齢者まで幅広い年代にできることも特徴です。四肢・とくに下腿に好発するとされますが、躯幹・陰部、場合によっては顔面にもできる場合があります。

※顔面の場合は、しっかりステロイド外用を使わないと治らないのですが、他疾患との鑑別が重要になります。

 

原因としては、虫さされ・各種アレルギー性の皮膚炎・アトピー性皮膚炎などが悪化誘因とされています。高齢者に生じる多形慢性型のものもあります。はっきりした原因は分からないともされ、神経説・リンパ管説・血管にそって出来るなどの意見もあります。

 通常のステロイド外用剤の塗布では効果がないことが多く、慢性化すると非常に硬く、暗褐色の硬いしこりになると治療に反応しないこともあります。

 

治療は、教科書的にはステロイド外用剤の塗布や紫外線療法(ナローバンドUVBなど)ですが実際にはなかなか効かないことが多く、どこの皮膚科医院でも治らずに困っている疾患です。掻爬すると悪くなることが分かっているので、各種抗アレルギー剤や痒みに効果のある漢方薬を使います。

当院では今まで紫外線療法を行ってきましたが、各種外用剤の併用療法にてかなり良い改善効果が得られているため、現在ではナローバンドUVBは行わずに済む方が多いです。数があまり多くない場合で、しこりが残ってしまった場合には局所に液体窒素やステロイド局注を行う事もあります。

 

ステロイド外用剤は強さ・基剤にさまざまな種類があり、これらを工夫して組み合わせて使うことやビタミンD3軟膏、プロトピック軟膏の複合治療が有効と考えております。きちんと治療を行っていけば、痒みをコントロールして治していける疾患です。


●他院で治らない”よう疹”でお困りの方は当院まで是非ご相談下さい。

大木皮膚科
大田区山王2-5-1
電話;03-3776-2220

 

結節性痒疹の記事一覧
お探しの記事は見つかりませんでした。