巻き爪・陥入爪

巻き爪とは?

巻き爪矯正の前後巻き爪とは、爪の側縁が、1,爪脇の皮膚(側爪郭)に食い込んだ状態、もしくは2,爪自体(爪甲)が正常範囲を超えて全体・片側などが巻いてしまう状態をさします。医学的には、陥入爪と呼び方が一般的ですが、爪が皮膚にあたり炎症や肉芽を作ることを指す場合が多いです。症状が悪化すると、炎症が起こり痛みが出てきます。爪を短く切りすぎたり、端を切り残してしまうと棘状に残った爪が皮膚に刺さり、感染を起こして二次的に化膿性肉芽形成を起こすことが多く、歩くときに激痛を伴うことが多くなります。
 

原因としては、1,ヒールやパンプス等の狭めの靴による圧迫、2,深爪による皮膚への刺激、3,指先にしっかり体重が掛からないことなどが挙げられます。足の親指はとくに歩き出すときに体重を支えるために、爪が踏み込む力を支える働き(=巻く力)が強くなっています。爪の切り方が悪かったり、外部からの圧力、体重の掛かり方によりバランスが崩れることが悪化要因となります。
 

予防のためには、正しいセルフケアが大切です。1,深爪をせず、爪の角を残して切る、2,足先に地面を踏み込むように歩く、3,靴のサイズを合わせ、足先の狭い靴は避けること、などをこころがけることで、巻き爪の発生を防ぐとことができます。
 

化膿した場合には、フットケアサロンなどの簡易な矯正では治すことは困難となります。爪が多少巻いていても痛みがないときには、ようすをみて放置しておいても問題ないのですが、赤みや腫れが強くなったり、肉芽が酷くなった場合は病院での抗菌剤内服・外用、消毒剤などの治療を受ける方が良いです。

巻き爪の手術・対処法

 

従来は、局所麻酔下に巻き込んだ爪を切除し、その根元にある爪母を取ると脇の爪が生えなくなる手術(陥入爪根治手術)が行われることが一般的でした。

 しかし、手術後に残った爪が狭すぎて体重を支える機能がなくなってしまったり、った爪(爪甲)がさらに巻いてしまう、手術手技自体が稚拙だと取ったはずの爪がまた棘のように再発するなどの合併症もありました。

 

 最近では、ガター法・アクリル人工爪法・コットンパック法・テーピング法などのさまざまな保存療法が工夫されると伴に、ワイヤーやプレートを使った矯正療法が開発されてきています。(左図はコットンパック+テーピングでの治療例)

 

矯正療法について

当院では、10年以上前から以下の矯正療法をおこなって来ました。日本でも代表的なワイヤー矯正・プレート法などになります。それぞれ、メリット・デメリットがありますが、良い部分を取り入れなるべく短期間に効率的に矯正をおこなえるように心掛けております。

・マチワイヤ

 爪先の2カ所に針などで穴を開けて、超弾性ワイヤーを装着する。ワイヤーの弾性により爪が持ち上げる方法であるが、爪端や根元の矯正が不得意でやや割れやすいのが欠点です。
 

・VHO

 ドイツから来た方法で、フック型に曲げたワイヤーを爪の両端に引っかけ、さらに真ん中に別のワイヤを引っかけて捻り挙げて爪を持ち上げようという方法です。根元に力が掛かるのですが、爪端を効率的に持ち上げることが出来ないの欠点と云えます。

 

・BSスパンゲ

 グラスファイバー入のプラスティックのプレートを爪表面に貼って矯正する方法です。爪表面の前処理と接着にコツがあり、熟練した施術者でないとプレートが剥がれやすいの欠点です。プレート1枚の矯正力はやや弱めとなります。

市販のテープで貼り付けるグッズは、さらに粘着力が弱く効果が期待できません!

 

・ペディグラス

 弾性をもった特殊なレジン樹脂のプレートを爪に貼り付けて矯正を行う方法です。レジン自体の矯正力には限度がありますが、接着の方法に特許があり非常に丈夫につけられる方法になります。現在は大阪に本部があり関西地方を中心に広がっています。

 

・そがわ式(SH法)

 香川県の整形外科医師、十川医師により開発された方法です。弾性があり、かつ細工が可能はワイヤーをつかい、ワイヤー端に3次元的なフックをつくり爪に装着します。爪の根元に力が掛かり、力学的にワイヤー反発力が効率よく爪端を持ち上げる方法となります。ワイヤー曲げにややコツを要することと、ワイヤー固定の樹脂接着に慣れが必要です。

 

 現在、当院は”そがわ式”をメインとしてワイヤー矯正外来を行っております。単一の方法で、かつ爪の厚さや曲がり具合に応じてワイヤーの太さが数種類用意されており様々なタイプの爪に適宜対応可能です。

 

 さらに、他のワイヤー法では不可能な切り込んだ陥入爪や浸軟した爪にも太さや曲げ方を工夫することで装着できることが大きなメリットとなっております。
 


 

●当院では巻き爪矯正ケア専門外来

月・木午前に行っております。
(担当;大木医師)

月木午前以外の時間帯は、巻き爪矯正を行っておりません。

大木皮膚科
〒143-0023東京都大田区山王2-5-1
電話;03-3776-2220

巻き爪の写真

◆ご注意;巻き爪矯正は、ネイルケアの一種とされており医療行為ではありません。
 病院で行った場合も、自費となります。(1足趾;8000円~)

※他院に通っても、なかなか改善しない方、是非当院までご相談下さい。矯正ワイヤーが適応になるか分からない場合は、メールでのご相談も受け付けております。

※保険適応のある各種保存的治療も対応しておりますので、月木AMに来れない方・ワイヤー矯正が必要か分からない場合は平日日中にご来院下さい。

1日にお受けできる人数に制限がありますので、矯正ご希望のかたはお早めにご来院ください。
※妊婦さんや70才以上のご高齢の方は、ワイヤー矯正の合併症リスクが高くなるため、矯正をお引き受けしておりません。

 

巻き爪の記事一覧
お探しの記事は見つかりませんでした。